時間を設定した勉強を


勉強はメリハリが大切です。教科ごとの力配分だけでなく、集中するときとリラックスするときを意図的に作るなど、時間の使い方に関するメリハリも重要です。


過去問を解くときには時間を計りながら解答すると思います。一般的な問題集についても、かならず目標時間を設定して、その時間内に解答を仕上げるようにしましょう。試験時の時間管理の練習になります。


また、参考書などの教材で復習を行う場合にも、所要時間の目標を決めておきましょう。これくらい必要かなという時間より少し短めに設定するのがポイントです。そうすれば、集中して勉強するのに有効だからです。


このように、目標時間を決め、それをクリアするために集中して勉強するのは、心理的にもメリットがあります。何となく勉強がどんどん捗っているような感じがして、やる気が起きてくるのです。受験勉強では、あまり気が乗らない時もありますが、勉強が捗ったと感じれば、またやる気が出てきたりするものです。


ぜひ、時間を計りながらの勉強を習慣づけましょう。