「守り」の勉強を考えておこう


以前、「攻め」の勉強と「守り」の勉強があることを書きました。この時期、大事なことなのでもう一度説明します。


新しい知識を覚えたり、未知のジャンルの問題にチャレンジするのが「攻め」の勉強で、既知の知識や問題を復習して得点の取りこぼしを無くすのが「守り」の勉強です。


受験勉強では、「攻め」も「守り」の勉強もともに大事ですが、どちらをメインに行うべきかは、状況によってケースバイケースです。


試験日が近づいた段階で合格がある程度計算できているのであれば、「守り」の勉強を主軸に行うべきでしょう。その上で、余力があれば「攻め」の勉強を行えば良いでしょう。余力が無ければ、「守り」だけで受験した方が良いと思います。


逆に、今のままでは合格が難しい場合は、「攻め」の勉強で一発逆転を狙うしかありません。「攻め」主体で進めましょう。


いずれにしても、この時期は決断のしどころです。試験日までの残りの期間をどういう作戦で勉強していくのか?しっかりと考えましょう。