苦手分野をリストアップしてみよう


人は弱点を克服することで成長します。受験勉強で言えば、苦手な分野や苦手な問題形式を克服することで成績(偏差値)を上げることができます。従って、自分の苦手分野や苦手問題を正確に把握している事は凄く重要なのですが・・・


あまりちゃんと把握できていない受験生が大勢いるのです。


まずは、自分の苦手分野をリストアップしてみましょう。英語なら、熟語の知識が足らなすぎとか、リスニングが全く聞き取れない、など。数学なら、2次関数が駄目とか、図形の証明問題が苦手、など。問題形式についても、いろいろあるでしょう。記述式でうまく答えを書けない、など。


苦手分野をリストアップできたら、冷静に全体を見渡してみましょう。


苦手分野が多すぎる場合は、苦手・得意という前に、基礎力がまだ十分についていないということです。全体的に基礎力をつけるようにしなければなりません。


苦手分野がある程度絞られている場合は、その一つ一つに対してまとまった時間を確保して、集中的に克服してしまいましょう。少しずつ時間をかけるよりも、短期集中で克服した方が結局は楽です。