パターンに当てはまる問題


高校入試問題は限られた知識の範囲内で出題されるため、おのずとパターンができます。もちろん、パターンに当てはまらない問題も出題されますが、それは例外的であって、全体の中のごく一部です。


パターンに当てはまった問題は多くの受験生が勉強して準備しています。つまり、できて当然なのです。逆に言えば、そのような問題が解けないと苦境に立たされます。ケアレスミスによって間違えるのは一番ばからしいことです。


日常の勉強においては、問題のパターンを意識して問題を解くことが大事です。高校入試に出やすいパターンは、完全にマスターしておきましょう。高校のレベルによっては、それだけで合格できます。


また、難関校の場合は、パターンに当てはまる問題をほぼ満点で、さらにその他の問題をどこまで解けるかが勝負となります。


とにかく、入試で一番まずいのは、大半の受験生が解けるような問題(つまりパターンに当てはまった問題)を間違えること。それだけで、大きなビハインドとなります。問題のパターンがわかりやすい教材を利用することも重要です。