音声教材の利用と速聴の効果


いまどきの受験教材は色々な形態のものがあります。紙の参考書や問題集だけでなく、様々な教材を賢く利用していきたいものです。


例えば、音声の教材があります。音声講座と呼ばれているものなどが、その例です。音声教材は、他の作業をしながらの「ながら学習」や、聞き流すだけといった受動的な学習もできます。100%というわけにはいかないものの、ある程度の効果が期待できます。


そして、音声教材を高速に再生して速聴すると、さらに大きな効果が得られます。


まず、単純に考えても復習時間が短縮できます。1.5倍のスピードで速聴すれば、復習時間は2/3ですむし、2.0倍のスピードなら半分の時間です。これは試験直前の追い込み期に、非常に助かりますね。もちろん、同じ時間なら多くの復習をできるので、勉強した内容がしっかり身につくはずです。


2番目の効果としては、脳が活性化することです。速聴を行うことは脳に程よい負荷をかけることになります。脳はそれに順応するために、情報の処理速度を上げます。従って、速聴によって頭の回転が速くなるのです。


デメリットとしては、再生速度を変えるソフトなどを調達しなければならない事です。音声教材のなかには、はじめから速聴用の音声ファイルを用意してあるものや、高速再生のソフトを特典でつけているものもあるようです。