試験直前対策は「攻め」か「守り」か


試験勉強には、「攻め」の勉強と「守り」の勉強があります。


「攻め」の勉強とは、今までにやっていない事を積極的に行なうことです。例えば、より詳しく勉強したり、少し高度な事まで調べたり、難しい問題にチャレンジしたりするのがこれに相当します。


「守り」の勉強はその逆で、今までに勉強してきた内容をしっかり復習し、なおかつ、確実に得点に結びつけるように対策を行うことです。ケアレスミス対策は、「守り」の勉強に入ります。


「攻め」も「守り」も大事ですが、いま自分はどちらに力を入れるべきかを適切に判断することが必要です。


既に合格圏に入っている場合は、「守り」を固めることで合格が確実となります。


合格圏の少し下にいて、思わぬ失点を防げば合格できそうなら、まず「守り」の勉強を行うべきです。


合格圏までに少し距離があって、試験直前という場合には、リスク覚悟のうえで「攻め」の勉強が必要です。そうしないと、合格の可能性が見えてこないからです。


このように、最適な試験直前対策は人それぞれです。自分に適した対策を考えてみましょう。